その逆流性食道炎、ネキシウムを試してみませんか?

ネキシウムの用法・容量と効果

胃痛が辛そうな老人男性

逆流性食道炎や胃潰瘍による症状を改善に導くネキシウムは、有効成分エソメプラゾールマグネシウム水和物の作用で胃酸の分泌を抑えることで効果を発揮します。
ネキシウムはPPIとも略されるプロトンポンプ阻害薬系統に属し、同じグループの薬よりも副作用が生じるリスクが少なめで長時間安定した効き目をもたらすことから逆流性食道炎と胃かいようでは第一選択薬として処方される機会が多い薬です。
副作用が少なめと言っても用法・用量を守って正しく服用する必要があり、ネキシウムは症状によって服用する量や飲む時間が変わって来る点で注意すべき薬でもあります。

ネキシウムを胃かいようなど消化器かいようの治療に服用する際には1日に1回20mgという量となり、胃かいようと吻合部かいようでは8週間のあいだ服用可能で、十二指腸かいようの治療では6週間まで継続して服用可能となっています。
逆流性食道炎の治療では20mg1日1回の服用で、継続して飲むことができるのは基本的に8週間までとされています。
とは言え逆流性食道炎の症状は再発しやすいことからいったん治癒した後も再発予防のためネキシウムの服用を継続することもあり、その場合は胃酸の分泌量に合わせて1日1回の服用量が10mg~20mgになります。

非びらん性胃食道逆流症の治療にネキシウムを服用する場合は、胃酸の逆流が生じているものの逆流性食道炎ほどは炎症やただれが出ていない軽度な症状ということで服用量は少なめとなって1日1回10mgを飲むことになり、継続服用は4週間までとなっています。
ネキシウムはピロリ菌の除菌補助にも役立てられる薬ですが、その場合は抗生物質のアモキシシリン水和物750mgとクラリスロマイシン200~400mgと共にネキシウムを20mg服用します。
それらの薬1セットで1日2回・1週間服用を続けることで、ピロリ菌を8割以上の確率で除菌できるとされています。

ネキシウムで改善できる胃の症状

ネキシウムで改善できる症状は逆流性食道炎や胃かいようなど胃酸による影響で起こるさまざまな胃の不調です。
胃酸は胃に入って来た食物を消化するために分泌されますが何らかの原因で胃粘膜まで荒らすようになってしまったり、逆流性食道炎のように胃酸の逆流を防ぐ弁が閉まりにくくなって逆流してしまい胸やけや吐き気などを引き起こします。
ネキシウムは有効成分エソメプラゾールが持つ胃酸の分泌そのものを抑制する作用によって、胃酸の影響で生じる胃の症状を改善に導いて行きます。

ネキシウムが治療に役立つ症状で代表的なものが逆流性食道炎や胃かいようなどの消化性かいようで、それらの病気の第一選択薬とされているだけに高い有効性を発揮します。
ネキシウムの胃酸分泌を抑制する効果は、胃粘膜保護力を低下させる副作用が出やすい非ステロイド性抗炎症薬系の解熱鎮痛剤を服用することで起こる胃痛の症状緩和にも役立ちます。
さまざまな胃の病気の原因菌とされるピロリ菌の除去をサポートする薬としても役立つネキシウムは、胃酸過多による胃の不調に悩む人にとって非常にありがたい薬と言えます。

ネキシウムは、以前のプロトンポンプ阻害薬系統の薬で問題視されていた服用した人の体質等の違いによって効果の出る人と出ない人があったという点が改良されて誕生した薬ということで、安定した効き目と1日1回の服用で24時間作用するという持続時間の長さも重宝されています。
重篤な副作用も出にくいとされていますが、胃酸分泌を抑える効果のため消化不良となり下痢や軟便の副作用が生じたり、体質によっては肝機能値に異常がみられることもあります。
下痢や軟便の副作用が起こっても逆流性食道炎や胃かいようなどの治療のため服用を続けたい場合は脱水症状対策を徹底させる必要があります。
肝機能値の異常が健康診断などで見つかった場合は胃の治療を行っている医師にすぐ相談することが大切です。