その逆流性食道炎、ネキシウムを試してみませんか?

片頭痛でツラくなったら我慢せずにセレコックスを服用

頭痛が辛そうな女性

片頭痛のズキズキとした拍動性のある発作が就寝前に起こってしまうと痛みのあまり眠れなくなってしまうため、我慢し過ぎると睡眠不足に陥ってしまいます。
片頭痛の根本的な改善には食生活の見直しなどが必要ですが、急に起こる片頭痛の発作による痛みは我慢しないで消炎鎮痛剤を服用して和らげておくほうが、睡眠など必要な休息をとって日常生活に及ぼす悪影響を軽減させることができます。
片頭痛緩和に役立つ消炎鎮痛剤の中ではセレコックスの有効性が注目されており、痛みを和らげる効果の高さと共に消炎鎮痛剤で生じやすい胃痛などの副作用が軽減されている点でも重宝されています。

セレコックスはNSAIDsという略称を持つ非ステロイド性消炎鎮痛剤グループの消炎鎮痛剤で、市販薬は販売されていないため、病院で診察を受け片頭痛の痛みを緩和させるために医師が適切な量を処方します。
有効成分セレコキシブが痛みの原因物質が生成されるのをブロックして鎮痛効果をあらわすことから、セレコックスは痛みの元を生み出さないことで片頭痛を緩和できる薬です。
片頭痛が起こってしまった時の対策としては痛む箇所を冷やしたりコーヒーや緑茶などからカフェインを摂るという方法もありますが、就寝前のカフェイン摂取は睡眠の質を低下させてしまうためセレコックスのような消炎鎮痛剤のほうが夜間の対策に向いていると言えます。

片頭痛は三叉神経と呼ばれる顔の感覚を脳に伝達する神経がさまざまな要因で刺激を受け、血管が拡張したり炎症が起きることで拍動性のある痛みが発生しますが、いったん発作が起こると数時間から数日続くこともあり、早い段階で我慢しないでセレコックスなどの消炎鎮痛剤で痛みを止めておくほうが安心です。
その上で発作の要因となるチョコレートやチーズといったチラミンと呼ばれる物質が多く含まれた食品を避けるなど食生活の見直しなどの片頭痛対策を行うことも大切で、質の良い睡眠を十分とることも発作予防に役立つとされます。

セレコックスの痛みを解消する仕組み

ズキズキとした拍動性を持った痛みに悩まされる片頭痛の発作は、いったん起こってしまうと日常生活に支障が生じてしまうため、我慢しないでセレコックスなどの消炎鎮痛剤で緩和しておくほうが強い痛みによるストレスを軽減させることにもつながります。
血管を収縮させて片頭痛を起こしやすくするチラミンという物質を多く含むチョコレートやチーズといった食品を避けたり、強い光や騒音など発作の引き金となる環境を可能な限り避けるといった対策を心掛けることも大切ですが、それでも起きてしまった片頭痛にはセレコックスの優れた鎮痛作用が役立ちます。

セレコックスが片頭痛などの強い痛みも効果的に解消する仕組みは、有効成分セレコキシブが持つシクロオキシゲナーゼという酵素の働きをブロックする作用にポイントがあります。
COXとも略されるシクロオキシゲナーゼは炎症や痛みの原因物質プロスタグランジンを合成する働きを持つため、それをブロックすることは炎症や痛みを元から断つ効果につながります。
プロスタグランジンは炎症などの原因になるだけでなく胃粘膜保護にもかかわる物質であるため、COXを阻害する作用で効き目をあらわす非ステロイド性消炎鎮痛剤グループの消炎鎮痛剤では胃痛など胃腸障害の副作用が起こりやすくなります。

COXにはCOX1とCOX2があり胃粘膜保護にかかわる作用を持つのはCOX1のほうとされ、COX2を選択的にブロックするセレコックスは胃粘膜保護力の低下を防ぎながら鎮痛消炎作用をもたらします。
痛み止めとしての優れた効果効能を持ちながら、胃痛などの副作用が比較的生じにくい点もセレコックスが評判を高めているポイントです。
とは言えまったく副作用が起こらないという訳ではないため、服用の際には用法用量を守ることはもちろん、痛みが起こった時だけ服用し長期間使い続けることは避けるべきです。