その逆流性食道炎、ネキシウムを試してみませんか?

痛風になる前に気をつけたい生活習慣

イクラ丼

ある日突然、足・指などの関節が赤く腫れ、痛み出すのが痛風です。
尿酸が溜まりすぎて関節の軟骨や関節を覆っている滑膜にくっつき、剥がれたものを白血球が異物とみなし攻撃し、このとき白血球から出る物質が痛みや腫れを引き起こします。

血液中に溜まる尿酸はプリン体が分解・合成されて作られますが、通常は肝臓で分解、腎臓でろ過され尿と一緒に出て行きます。
しかし激しい運動などを行ったときの大量のエネルギー老廃物が溜まったり、食品などから摂取するプリン体が痛風を引き起こすと考えられています。

したがって食生活には十分気をつける必要があり、プリン体の1日の摂取量は400mg以下になるようにしたいものです。
よって食べすぎはいけませんし、食事内容にも注意しましょう。
極めて多くプリン体が多く含まれると言われているものは、鶏レバー・いわし干物・白子・アンコウで、豚レバー・牛レバー・かつお・まいわし・大正エビ・まあじ干物・さんま干物などもプリン体が多く含まれていると言われています。
意外と海産物に多く含まれていて、他の海産物ではいくら・うになどもプリン体が多く含まれていると言われます。
肉食も注意で肉類には多く含まれていると言われることが多く、肉食寄りの食生活は要注意です。

また飲酒にも気をつけましょう。
現代の食生活の中でアルコールがあることは多く、ビール類はプリン体が多いと言われていて飲みすぎには要注意です。
日本酒・ワインは少ないと考えられていて、焼酎・ウイスキーもプリン体は含まれないと言われていますが、アルコール自体に尿酸を増やしてしまう作用があると考えられています。

アルコールは肝臓での尿酸を作る作用を促進し、腎臓からの排出を抑えてしまいます。
またアルコールが持つ利尿作用でも水分が減ってしまい、体内の尿酸密度が高まってしまいます。
加えてアルコールを飲むと食欲が増し、エネルギーの高い食生活になりがちです。
このように飲酒も痛風になりやすい原因だと考えられています。

痛風が頻繁に起こったらどう治療するのか?

通風を頻繁に発するようになったら治療が必要です。
まずは食生活を見直し、プリン体が少ない食物を取ることが後々予防方法になりますので、それを心がけましょう。
また激しい運動も尿酸値を上げることに繋がると考えられていますから、これも予防方法の1つとして考慮する必要があります。
そして水分を多く取るようにすすめられることもあります。

通風は体内でのプリン体が増えたり、腎臓からの尿酸排泄量が減ることで起き、血液中の尿酸量を調べることで通風であるかどうかが分かります。
尿酸値が7.0を超えると高尿酸血症と診断され、尿酸が関節の中で結晶化していくと考えられています。
7.0を超える値が多いほど、そしてその期間が長ければ長いほど通風発作が起きやすいと考えられていて、他の病気との合併症のリスクが高くなります。

治療については医療機関で行うことになりますが、血液検査・尿検査・X線検査を行い、通風に似た症状の変形性関節症などではないことを確認します。
そして激しい痛みの原因が通風であることが判明したら尿酸検査が行われます。
これは腎機能を調べるもので、この結果によって尿酸をできにくくする薬、尿酸の排泄を促進させる薬、どちらかを選び治療方針が決まります。

現在通風発作を起こしている場合は尿酸値を下げる薬ではなく、発作を抑える薬が処方されます。
これは非ステロイド性抗炎症薬で、痛みが治まるまで使用します。
腎障害があってこれが使用できない場合は、副腎皮質ステロイド薬が処方されます。
発作が起きる前ぶれがあったときには、これを未然に防ぐコルヒチン薬を服用することになります。

そして尿酸値が規定の7.0以下になると痛風状態ではないと判断され、6.0程度の値を維持できるようになったら関節に溜まった尿酸は徐々に分解され溶けていくと思われますから治療が終了します。