その逆流性食道炎、ネキシウムを試してみませんか?

糖尿病で頻尿になることがあるので注意

頻尿を起こす病気は色々とありますが、尿に関係している症状だということで腎臓や膀胱が原因の病気が多いと思われているようです。
しかし、そういった病気以外の理由として多いのが糖尿病によるものです。
糖尿病は血糖値が高くなる病気というイメージばかりで、頻尿という症状があることはあまり知られていません。

糖尿病になっている時の体の状態は、食べ物を食べて血糖値が高くなった時にインスリンがでても血糖値が下がらない状態です。
健康な状態では、食後に血糖値が一時的に上昇しても、インスリンの分泌により、血液中の糖分が調整される仕組みになっています。
そのため、血糖値は元の状態に戻り、一定の範囲内に収まるようになっています。

しかし糖尿病を発症している時には、血糖値が上昇した後に、正常値に戻るまでに時間がかかり、高血糖状態が長く続きます。
これが原因で、喉の渇きという症状が起きて、水分をたくさん飲むようになります。
この時の喉の渇きは、血糖値が高い状態が続いたり、かなり血糖値が高くなると、症状が強くなります。

その結果、通常では考えられないほど、喉が渇き水分を大量に飲んでしまいます。
とった水分は体の外に出されるので、たくさん飲んだ分だけ頻尿という症状が強く出ます。
この時には、飲んだ水分の一部は体に吸収されますが、ほとんどはそのまま体の外に出ることになるので、たくさん飲めば飲むほど、尿量が多くなります。

糖尿病の症状としての頻尿はこのような理由で起こります。
場合によっては糖尿病を発症していても、頻尿以外の症状が何もない場合もあるので、気付かないうちに病気にかかっている危険もあります。
糖尿病は高血糖の状態を起こしても、しばらくは自覚症状がないということが特徴です。
中には、かなり重症になってから糖尿病に気付く人もいます。

それは高血糖状態が続いても痛みなどのわかりやすい症状がないことが原因でしょう。
糖尿病が悪化してしまうと合併症を起こす危険もあります。

これって糖尿病?こんな症状に注意しよう

糖尿病は多くの人が発症している病気ですが、症状の程度には大きな差があります。
それは糖尿病という病気は症状が軽いうちに気付くことができれば、生活習慣に気をつけることで悪化させないようにすることができるからです。

糖尿病かもしれないという症状のひとつには神経障害があります。
これは高血糖状態が続くことで神経へも症状が広がってしまうことで起こります。
なんとなく足がしびれるという症状や、感覚が鈍くなるというものがあります。
足の先などは細い神経が張り巡らされている場所です。
その末梢神経の機能が悪くなると足先の感覚が鈍くなったり、痛みを感じるようになります。

この神経障害の症状が膀胱の神経でも起こると排尿トラブルを起こすことがあります。
膀胱に尿をためて、排尿させるためには膀胱周囲の筋肉を使いますが、そこで神経障害が起こると排尿がスムーズに行えません。
高血糖状態で頻尿を引き起こしながら、排尿トラブルがあるととても大変なことになります。

糖尿病かもしれないという時には、血糖値を正常に保つ働きのあるグルコバイという薬が効果があります。
グルコバイは食事の前に使うことで、食事の後の高血糖状態を予防する薬です。
食事をしても血糖値が一気に上がらないような効果を出すために、服用は食事の直前に行う必要があります。
グルコバイは、他の多くの薬が食後に服用するのに対して、食事の直前というところが大きな特徴です。

グルコバイを飲まずに食事をとってしまうと、血糖値が上昇してしまい、それからグルコバイを使っても十分な効果は期待できません。
そのため、血糖値の上昇を抑えるためにグルコバイを使う時には、必ず食事の前に飲むのを忘れないようにしましょう。