その逆流性食道炎、ネキシウムを試してみませんか?

辛い腰痛にはボルタレン服用で和らげる

辛い腰痛は昼間の活動時に多大な負担となるばかりか就寝中に寝返りもままならないほどの痛みが出ることもあり、十分な睡眠がとれなくなることで自然治癒能力が低下して回復が遅れてしまいかねません。
眠れないほどの腰痛は無理に我慢するよりも、効果的に痛みを和らげるボルタレンのような消炎鎮痛剤を利用しながら治癒促進を図るほうが睡眠不足による体力低下なども防ぐことができます。
有効成分ジクロフェナクナトリウムの働きで炎症や痛みを起こす原因物質プロスタグランジンを生成させる酵素の働きをブロックすることで効果を発揮するボルタレンは、NSAIDsこと非ステロイド性抗炎症薬という系統の薬です。

ボルタレンの痛み止めとしての効果の高さは数種類ある非ステロイド性抗炎症薬の中でも特に際立っており、抜歯や手術での麻酔が切れた後に起こる激痛緩和のために処方されるほどの効能を持っています。
痛みを止めると共に優れた抗炎症作用を持つボルタレンは患部の炎症を鎮める効果も高く、関節の炎症によって激痛が生じるリウマチの痛み止めとしても処方されることが多く、重度の腰痛や関節痛の緩和にも大いに役立ちます。
強い効能を持つ痛み止めだけに胃痛などの副作用が出やすいこともあって、ボルタレンが処方される際には胃粘膜保護剤が出され、強い痛みが治まるまでの限られた期間内で服用する量しか処方されません。

ボルタレンなど非ステロイド性抗炎症薬が生成を抑えるプロスタグランジンは、炎症や痛みの原因となるだけではなく胃粘膜を保護する役割も果たしていることから、生成の抑制は胃を荒らしてしまい胃痛や消化不良、食欲不振など胃腸障害の副作用を引き起こすことがあります。
そのためボルタレン処方時には胃粘膜保護剤も一緒に出されることがほとんどですが、長期服用によって胃かいようや腎臓、肝臓の障害を起こすこともあり、腰痛がなかなか治まらなかったとしても痛み止めとして常用し続けることは避けるべきです。

ロキソニンとボルタレンの違い

ボルタレンと同様に非ステロイド性抗炎症薬グループの痛み止めの中で比較的効き目が強く処方される機会が多いのが、ロキソプロフェンナトリウムが主成分のロキソニンです。
2つの違いで顕著なのが飲み薬の場合、ロキソニンはドラッグストア等でも購入できる市販薬が販売されているのに対して、ボルタレンの場合貼り薬などの市販薬はあっても飲み薬や座薬は処方薬のみに限定されている点です。
ボルタレンの有効成分ジクロフェナクナトリウムは効き目の強さゆえに劇薬指定となっているためで、ロキソプロフェンナトリウムよりも強い作用をもたらす薬であることがわかります。

ボルタレンもロキソニンも優れた抗炎症作用を持ち、腰痛などの強い痛みを和らげることに役立ちますが、効き始める時間の早さにおいてはロキソニンのほうに軍配が上がります。
ロキソニンは一般的に服用後20分程度で効果があらわれ始め、早い場合は15分ほどで痛みが治まり始めると言われます。
ボルタレンのほうも約30分で鎮痛効果が出始めるとされますが、少しでも早く痛みを和らげたい場合にはロキソニンのほうが役立ちます。
効き目の持続性の点ではボルタレンが6~8時間でロキソニンが5~7時間となっており、ボルタレンのほうが効果が長続きする上、腸でゆっくり消化され1錠で効果が長続きする徐放錠もあります。

効き始める時間が早いロキソニンにはボルタレンよりも副作用が起こりにくいというメリットもあり、胃痛など胃腸障害を起こしにくいことで腰痛や関節痛を治すための自然治癒能力の促進に必要な体力を維持しやすいと言えます。
市販薬でも飲み薬が買えるロキソニンですが、ボルタレン同様に痛み止めとして対症療法に役立てられる薬で、炎症や痛みを起こしている病気そのものが治せるわけではないため、漫然と常用を続けるのではなく強い痛みが長期間治まらない場合は病院へ行くことが大切です。