その逆流性食道炎、ネキシウムを試してみませんか?

逆流性食道炎の症状と治療方法

食道と胃の3Dイメージ

逆流性食道炎は本来は胃の中だけにある胃酸が、食道に入ってしまうことで食道に炎症が起こる病気です。
逆流性食道炎になると、常に胸やけを起こしているような感覚があったり、喉の違和感が出ることもあります。

こういった症状が起こるのは胃酸の分泌が過剰になっていることが原因のひとつとしてあげられます。
胃酸は体にとって必要な消化液で、外から入ってきた食物を殺菌する効果もあります。
しかし、なんらかの原因で分泌量が増えてしまうと、胃酸が自分の胃の粘膜を溶かしてしまうことにつながります。
胃の粘膜の炎症がひどくなると胃潰瘍を引き起こすこともあります。

胃潰瘍ができてしまうと胃の表面に潰瘍ができている状態になるので、強い痛みが出たり出血をすることもあります。
胃の粘膜は胃酸にさらされている状態が普通なので、胃酸に強くできていますが、それでも胃酸の量が多いと、胃潰瘍ができるほど胃酸は強い成分でできています。

食道は胃酸が本来触れるべき場所ではありません。
そのため、少しでも食道の粘膜に胃酸がつくとすぐに食道粘膜は傷ついてしまいます。
その結果、胸やけといった症状が出るようになります。
胸やけは空腹時や夜間に強く出るという特徴があり、酷くなると夜中に何度も目が覚めてしまうこともあります。

逆流性食道炎の治療には胃酸の分泌を抑える効果のあるプロトンポンプ阻害薬という種類の薬を使います。
プロトンポンプ阻害薬は胃酸が出る仕組みを途中で阻害することで、分泌量を抑えます。
胃酸の分泌を強力に抑える力があるので、しっかりとした効き目が期待できます。

逆流性食道炎の治療は他にも、生活習慣の中で胃酸の分泌を抑えるようなことに気をつける方法もあります。
食べ過ぎないようにしたり、食べてすぐに横にならないようにするなどです。
消化の悪いものを食べると、胃の中に長く食物が残るので、逆流が起きやすくなります。
なるべく消化の良いものを食べるようにすると良いでしょう。

オメプラールとネキシウムの違い

逆流性食道炎の治療に使われる薬ではネキシウムがよく使われています。
この薬の成分はエソメプラゾールという成分でできています。
ネキシウムと同じような薬でオメプラールという薬があります。
このふたつの薬はどちらもプロトンポンプ阻害剤になります。

何が違うのかというと、オメプラールという薬を改良したのがエソメプラゾールでできているネキシウムという薬になります。
そのため、このふたつの薬はほとんど同じ効果を持っていますし、使用方法も1日1回の服用という点で同じです。

改良版ということで、実際にこれらの薬を使用した時にはオメプラールよりもネキシウムのほうが効果が強いということがわかっています。
しかしその差はわずかであり、そこまでの違いはないと考えても大丈夫な程度です。
もしも、オメプラールを現在使っている場合には、そのまま使い続けてもネキシウムに変えても同じような効果が期待できます。

こういった胃酸分泌を抑える効果のある薬は、自覚症状がなくなっても服用の必要性がある場合が多いという特徴があります。
再発予防のためにも、自覚症状がなくなっても医師の指示がでるまでは飲みつづけることが大切です。
再発予防をするためには、薬の内服を続けることはとても重要でな意味を持ちます。
自己判断で服用を中断してしまうことは避けるようにしましょう。

また痛みがある病気を持っており、鎮痛薬を使う習慣がある人も多くいます。
鎮痛薬を飲んでいる人で、鎮痛薬によるNSAID潰瘍の副作用を抑えるためにネキシウムを併用することもよくある事例です。
ネキシウムで胃酸の分泌を抑えることが、胃壁を守ることにつながります。
このようにネキシウムは色々な病気の時に使われており、使用範囲の広い薬です。